新たなアイテムとなる

着物

半纏はデザイン性が豊富で、幅広い年齢層のものが販売されるようになってきています。手軽に着用できて部屋着としては最適です。デザインによっては、ちょっとした散歩もできるくらいのものもあります。冬の必須アイテムとしてお勧めです。

もっと詳しく...

服の購入をする

着物

着物を通販で購入をする場合については、事前にデザインや価格についての情報を抑えておくこおがことが必要になります。手元に届いてから実際に着物を見ることになりますので、失敗をしないためにも確認をしておきましょう。

もっと詳しく...

着物を通しての文化交流

日本人が着物を着る意義

着物

日本人の和服離れが言われていますが、それでも振袖の需要が無くなることはありません。成人式や卒業式といった人生の節目や、結婚式やパーティといったフォーマルな場には必ずといって良いほど、色鮮やかで華やかな姿で列席者の目を楽しませてくれます。なぜ振袖を着るのかというと、他ならぬ「未婚の日本人女性にとっての正装」であり、お祝いの席・改まった席に相応しい衣装を着るのがマナーであることを鑑みれば、振袖に落ち着くのは当然となるでしょう。それ故、振袖を着ると「背筋が伸びる」思いがする人が多いのです。和服の形状により足を大きく開いて歩くことができないので、歩幅が短くなりますし、仕草も控え目になって女性らしい上品な落ち着きを醸し出すのです。

着物を通した文化交流

この数年、日本に観光にやってくる外国人客が激増しています。外国人は世界に類を見ないテクノロジーの中心である東京、エネルギッシュな人やモノに溢れている大阪、歴史と文化に彩られた京都に惹かれてやってくるそうです。その際、振袖を目にし「日本人女性を具現化した振袖」に魅了された外国人に人気が高まっています。そこで寺社仏閣の多い京都や、国際空港を有する大阪では外国人観光客のために着物のレンタル店が増えています。驚くことに外国人の中には着物の着方を事前にネットで調べてくる方もおられるくらいです。大阪に江戸時代を再現した施設があり、歴史を学びながら低額で着物のレンタルもできるので、観光客に大変喜ばれています。そこでは楽しそうに振袖を着る、若い外国人女性の姿を多数見かけます。今や大阪・京都に限らず、日本の各地で着物を通した文化交流が盛んに行われています。

和服を選ぶ

着物

大阪に限らず全国的に振袖といえば、レンタルが多くなってきましたが、価格的に安価な振袖も多く出回るようになり、シーンによっては購入という選択肢もあります。自分のライフスタイルを見直して選択することも大切です。

もっと詳しく...