和服を選ぶ

気をつける点

着物

日本の民族衣装である和服は、以前は特別な装いではなく、日常着として活躍していました。現在では、卒業式や成人式、結婚式などのセレモニーなどに着る、特別な衣装になっています。それでも、着付け教室や着物ショーなどがなくならないのは、和服の持つ魅力が誰にでも分かりやすいからです。どんな華やかな衣装も和服の持つ「特別感」にはかないません。例えば、外国人が主催するパーティーなどに、着物を着ていくと注目されることは間違いありません。独特のファッションで知られる大阪でも、こと和服に関しては関東などと同様、特別な「晴れ着」としての地位は不動です。成人式にレンタル振袖を着るのも一般的ですが、買うのは高あがりという考え方には注意が必要です。

レンタルが人気の訳

レンタル振袖は、価格の安さと種類の豊富さで人気が高く、ネットで申し込むこともできる手軽さが若者に受けています。成人式に着用してもクリーニングせずに返却でき、肌着やショールなどの小物までセットになっていて便利です。「どうせ一度しか着ないから」と、レンタル振袖を選ぶ大阪の女性も少なくないのです。しかし、振袖を着る機会は成人式だけではありません。友人の結婚式やお見合い、就職先で仕事始めに振袖を着ることもあります。結婚するまで着ることを思うと、「購入」という選択肢も見えてきます。実際、大阪に限らず全国的に、手ごろな価格で振袖を販売する業者が増えてきています。姉妹がいればお得感は倍増します。振袖を身近に感じてもらおうと、大阪でも振袖の展示会が催されています。目先の出費に惑わされずに、ライフスタイルによって選択したいものです。